ぐるっと!民俗芸能トリップ!

senshoan.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2015年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 上田市真田町上原の三ッ頭獅子 2015 semスキン用のアイコン02

  

2015年 05月 19日

天正11年の上田城築城の地固めに舞ったという、城下の常田獅子、房山獅子。その原型と目されているのが真田町上原の三ッ頭獅子だ。真田昌幸公が上田に移る前、真田の庄にいたころの御屋敷の地固めに舞ったという。
 かつては豊年の年の秋祭りでしか演じられなかったようだが、現在は祝祭行事のようなときに要請され、舞われるようだ。今回は真田町御屋敷公園のつつじ祭りでの演舞に出かけた。

 時刻は11:00。御屋敷の下方の桝形に集合し、皇大神社の鳥居前までまず練り込む。最初に箒を持った二人の先払いが先導し、団扇振りがアクロバティックに進む。そして御神酒役が、三宝に載せた御神酒をもって進む。その後は、鮮やかな白衣の祢宜の姿が登場。
b0312880_23414749.jpg
 大きく足を振り上げながら進んでいく。
b0312880_23405335.jpg
 千曲市雨宮の御神事の練り込みの御行事の足さばきを想起させる、独特な進み方だ。

 そして、華やかなのが団扇振りだ。
b0312880_23420339.jpg
 担当は二人で、一方が大団扇をかざしながら進んだり戻ったりする所作をしながら進む。そしてもう一方は幣束を持ち、交代しながら進んでいく。
 
 そして主役の三頭の獅子が出る。獅子頭は素朴な雰囲気の風流系一人立ち三匹シシ舞の系統だ。
b0312880_23431409.jpg
b0312880_23432553.jpg
 続いて、鬼面を着け、鉦を叩く三天王。
b0312880_23433677.jpg
b0312880_23435738.jpg
 奏楽は笛と太鼓。
b0312880_23421604.jpg
境内でも先払いが掃き清める。
b0312880_23462900.jpg
 広く場所を取られたところで、大きくダイナミックに舞う。
b0312880_23431409.jpg
b0312880_23444432.jpg
 そして舞が終わると、境内を斜めに進んで、拝殿左手に進んで行く。行列の最後は、七夕のような笹持ちが最後を行く。
b0312880_23434769.jpg
 最後は拝殿前で、手打ちで終わる。
b0312880_23443150.jpg
 上田を代表する常田、房山の原型と目されるが、祢宜が幣をもつあたりは、房山に似た感じである。上田の川西、塩田平の三頭獅子は「雌獅子隠し」が多い中、この三地区は独特だ。すると、その更に原型が、真田氏の動きから群馬・中之条町や沼田城下あたりから運ばれたとすればロマンがある。いつか群馬も訪ねてみたいものだ。



[PR]

by hamadasensho | 2015-05-19 00:21 | 東信濃のまつり | Comments(0)