ぐるっと!民俗芸能トリップ!

senshoan.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【情報】上田獅子~房山獅子演舞 semスキン用のアイコン02

  

2014年 10月 26日

 上田城築城の地固めに舞い込んだ知られるとして上田獅子・房山獅子の上演情報。

日時:11月23日(日)
場所:海善寺(上田市新田)
時間:10:00~11:00

 海善寺で行われてきた人形供養30周年記念のために、房山獅子が上演されるとのこと。
b0312880_22072873.jpg
 房山獅子は、常田獅子とともに上田獅子としてくくられ、知られてきた。風流系一人立ち三頭獅子という分類の民俗芸能だ。当地域では格調高い獅子として知られている。

 




[PR]

by hamadasensho | 2014-10-26 22:15 | 民俗芸能情報 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 上田市常田獅子演舞 2014 semスキン用のアイコン02

  

2014年 10月 19日

 上田市常田の科野大宮社の秋季例祭に行った。今年は常田獅子演舞の年である。4月の上田真田まつりには上田獅子の演舞がいつもあるのだが、ここ数年は常田と房山の獅子を、それぞれ隔年で行われている。真田まつりでやらない年は大宮さんの祭りで常田獅子が演舞されている。
b0312880_22535277.jpg
 常田は禰宜の大団扇が印象的。かなりの大きな団扇を回しながら舞う。
b0312880_22553413.jpg
 獅子は3頭。風流系一人立ち三匹獅子の系統である。不思議と太鼓を腰につけないのが、房山獅子とともに特徴である。
b0312880_22561280.jpg
 
 大宮さんの境内は暗く、あまりよく写っていないが、優雅で勇壮な獅子舞の感じは伝わるだろうか。
b0312880_22563896.jpg
 鉦打ちという6人の子どもの役も特徴的。3人ずつ入れ替わる感じは田楽に似た雰囲気さえ感じる。房山獅子とともに、真田昌幸公の上田城築城の地固めに舞ったというから400年以上の歴史がるということになる。

 格調の高い、重厚な獅子である。

[PR]

by hamadasensho | 2014-10-19 23:12 | 東信濃のまつり | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【情報】上田獅子~常田獅子演舞 semスキン用のアイコン02

  

2014年 10月 15日

 上田城築城の地固めに、房山獅子とともに舞い込んだという伝承を残す常田獅子が、下記の通りに行われる。

 月日:10月18日(土)科野大宮社秋季大祭 宵祭
 時間:18:15~19:15
 場所:科野大宮社(長野県上田市常田)
b0312880_21420732.jpg
 
 房山獅子と常田獅子はともに上田獅子と呼ばれ、古来より上田城下の祝祭行事に舞われてきたが、本来は祇園祭の出し物であった。現在では4月の「上田真田まつり」で常田、房山と隔年で行われている。常田がこの祭りに出ない年は、地元・科野大宮社の秋祭りに舞うようになったようだ。つまり「上田真田まつり」と「科野大宮社秋祭り」とで交互に行っている。その他の行事にはオファーがあれば、房山同様に特別出演となる。


[PR]

by hamadasensho | 2014-10-15 22:04 | 民俗芸能情報 | Comments(0)