ぐるっと!民俗芸能トリップ!

senshoan.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:新潟のまつり( 3 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 糸魚川市能生白山神社春季大祭2016② semスキン用のアイコン02

  

2016年 04月 27日

午前中の諸行事が終わり、時刻は13:00をまわったころから舞楽の奏演がある。地方の舞楽は珍しいが、新潟でも西側の頸城の地には舞楽の伝承がある。例えば、糸魚川市一の宮天津神社舞楽が4月10、11日に奏演される。また、8月31日、9月1日の同市根知山寺の延年にも舞楽系の芸能が行われている。

まず、最初の演目は《振舞》。いわゆる《振鉾》である。稚児二人舞。一番最初で清めの舞でもあるという。
b0312880_17375966.jpg
続いて《候礼》。稚児四人舞。《振舞》と同じく白色の上衣が印象的。
b0312880_17375935.jpg
三番目は《童羅利》。土俗的な能面とでもいうような不思議な面。体には不釣り合いな大きさの面で、五の戸という最年少の稚児が担当する。
b0312880_17380056.jpg
舞の終盤で橋掛りの途中で、振りむいて赤目をするのも可愛らしい。
b0312880_17382946.jpg
続いて《能抜頭》。大舞といい、初めての大人の舞である。
b0312880_17382970.jpg
独特な赤と黒の横縞の上衣、やはり土俗的な面は、いわゆる「抜頭」とはまるで別物だ。きびきびとした精悍な舞である。

続いて《泰平楽》。
b0312880_17382847.jpg
稚児四人舞。いわゆる《太平楽》であるが、中央の舞楽ともおとらず、鉾、抜刀等、本来の《太平楽》のスタイルを維持している。
b0312880_17382907.jpg
次は《納蘇利》。大舞二人舞。
b0312880_17390641.jpg
いわゆる《納曾利》で、二人舞のため「双龍の舞」と言われる。手には「バイ」呼ばれる「バチ」を持つ。
b0312880_17390600.jpg
そして《弓法楽》。稚児四人舞。本来の舞楽にはない演目で、弓を射る姿は神楽系からの移入だろうか。
b0312880_17390654.jpg
続いて《児抜頭》。稚児一人舞。5人の稚児のリーダーである一の戸のソロである。この時、舞台の前には保護者が相対して息子を見守る。可憐な舞であるのに、一の戸最後の舞のりりしさに、関係者でなくてもホロリとさせられる。
b0312880_17464424.jpg
そして稚児舞最後の《輪歌》。稚児四人舞。
b0312880_17390682.jpg
手には花を持ち、可憐に舞う。「児抜頭」と同じく紫色の上衣が印象的。ちょうど夕日が沈むころで、本当に幻想的であった。

そして最後の舞が《陵王》。
b0312880_17392604.jpg
舞いながら入綾のように退場する《輪歌》を迎え、全身緋色の強烈な印象の装束にシャグマ。面は確かに陵王面なのであるが異形の舞姿としか言いようにない。しかし、能生の人々は手にサカキを持ち、そのお出ましを促す。

長い橋掛りでは、七五三のタイミングで廻りながら進んで行く。今年は17:35頃登場した。
舞台にたどりついても呪術的な舞が続く。
b0312880_17392693.jpg
そして舞の前半の終了は「日を抱く手」。日本海に沈む夕日を招き返すというものだ。中央の舞楽の《蘭陵王》にはかつてはあった所作らしいのだが現行ではないという、この手が能生に残っているのはおもしろい。

さて舞台での舞が終わると、再び橋掛りに出る。日はほぼ真西。今年は特に夕日に相対し、本当に日を招き返したか!?と思わせるような雰囲気であった。
b0312880_17392780.jpg
そして、再び七五三でゆったりと楽屋へ向かう。ここで「御旅帰り」と称し、「神が乗る」と、陵王が楽屋へ飛び込む。
b0312880_17392701.jpg
これがなかなか入らない。じらされる。しかし能生の人たちは「陵王さん!まだまだ!」と声をかける。《陵王》が楽屋に入るとは祭りが終了するということなのだ。観客はサカキをたたきつけ、場を盛り上げる。

そして楽屋に《陵王》が入ると、橋掛りが取り外され、そこを通って、御旅所の神輿が拝殿に担ぎ込まれる。
b0312880_17392619.jpg
そして神が降ろされると再び、神輿を戻し、「ヤッショーイ」という独特な掛声で、祭りを閉じるのである。

今年は19:00ジャストくらいに《陵王》は入った。しかしあたりは暗い。神輿が戻されたあとは、再び町内を稚児を連れ、一同の柏手で、祭りの一切が終わりとなる。

今年も終わってしまったな。来年の4月24日は月曜日。さて来年は来ることができるのだろうか…などと思いながら、能生の祭りに別れを告げた。

 








[PR]

by hamadasensho | 2016-04-27 21:55 | 新潟のまつり | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 糸魚川市能生白山神社春季大祭2016① semスキン用のアイコン02

  

2016年 04月 25日

毎年楽しみにしている新潟県糸魚川市能生の白山神社の春季大祭。当地では雨天順延にならない限り、4月24日の定日である。今年は日曜日だったので、気軽に行くことができた。
b0312880_17464483.jpg
前日には「夕祭」「貝渡し」「一番貝」「二番貝」といった諸行事がすでに行われている。24日当日は7:30の「一番貝」から始まる。
b0312880_17333003.jpg
町内をゆっくりと進んで行き、神社まで向かう「お上り」の行列が祭りのスタートだ。この時は、特に音楽はないが、幟、旗指物等、そして肩車された稚児が進んで行く。
b0312880_17464490.jpg
神社に着くと、鳥居の脇に、獅子連中が待ち構え、行列を出迎える。祭りへの雰囲気が一気に高まっていく。

こうして境内に着くと、舞楽が舞われる舞台上では修祓があり、同時進行で拝殿前では、行列のお出ましを促す「七度半の使い」が行われる。
b0312880_17464439.jpg
拝殿前で、神使が、社人に対して、口上を述べる。七回目の口上のあと、再び戻って黙礼をすると、まず獅子が登場する。
最初は「眠り」の舞で、静かであるが、突然笛と太鼓が入り、いよいよ獅子舞がスタートする。
b0312880_17351593.jpg
獅子は二人立ちの獅子で、ホロの雰囲気は富山など北陸系の雰囲気を感じる。
b0312880_17355815.jpg
二人ずつ交代しながら舞が続けられる。
b0312880_17464454.jpg
途中の橋では注連縄を外しながら進んで行く。
b0312880_17362805.jpg
獅子が出ると、3基の神輿、肩車の稚児、その他旗指物等が続く。
b0312880_17464410.jpg
こうして行列が境内をゆったり進んで行く。そして午後12時を過ぎると「お走り」になる。

社人の一人に「神が乗る」と、それまでゆっくり進んでいた行列が一斉に走り出す。その準備が始まる。獅子は幌を体に巻き付ける。
b0312880_17464435.jpg
稚児は袖をまくり、傘を閉じる。そして神輿を担いでいる人たち、社人たちは、袴の裾をたくし上げる。そして「神が乗る」のを待つのである。

走る!
b0312880_17364191.jpg
b0312880_17365338.jpg
一気に境内を駆け抜け、楽屋横にある御旅所へ神輿を一気に担ぎ込む。観客はこの瞬間を待っていたのである。
そして一足先に楽屋にたどり着いた稚児たちはその様子を肩車からのぞむ。
b0312880_17371534.jpg
その後は供物を神輿まで届ける「供餞進」、神輿前での「修祓」などが行われる。
そして「黙礼式」が続く。まず舞台前の秋葉神社へ社人が向かう。
b0312880_17371491.jpg
そして秋葉神社で社人と楽人とが相対し、その階段に足をかけようとする。
b0312880_17464557.jpg
そして、くるりと廻り、早く振り返った方が勝ちで、豊漁と豊作を占うのである。
b0312880_17464578.jpg
こうして午前中の諸行事が終わり、午後の舞楽奏演となるのである。






[PR]

by hamadasensho | 2016-04-25 18:54 | 新潟のまつり | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 糸魚川市一の宮天津神社舞楽 2014 semスキン用のアイコン02

  

2014年 04月 11日

 越後・頸城の三大舞楽とも言われる糸魚川市一の宮天津神社の舞楽を訪ねた。昨年に引き続き、2年連続だ。例年、4月10日が「けんか祭り」と呼ばれる本祭。舞楽は10日と11日の、それぞれ13:00より演じられている。
 去年は2日目の11日に来てみたが、雨に降られたため、今年こそは?と期待しての再訪。今年は、10日の天気が悪く、午前中の神輿渡御は行われたものの、1日目の午後の舞楽は中止になったのだとか。
 今日、11日はとてもいいお天気。しかも桜も咲き始め、大変気持ちのいいコンディションだ。
b0312880_17383221.jpg

 さて、まずは「鉾振」から。
b0312880_1746734.jpg

 稚児の2人舞。中央の左方、右方の舞をよく取り入れている。
 続いて、「安摩」。
b0312880_17472864.jpg

 これは、滑稽な感じの舞だ。小さい子が、身体に似合わない大きさの面を着けて舞う。お隣りの能生白山神社舞楽の「童羅利」と似ていると言われている。ぴょんと跳ねるところが確かに似た印象だ。
 続いて「鶏冠」。
b0312880_17505585.jpg

 稚児4人舞。「胡蝶」のような華やかな舞。羽根を着け、花を持ち、きらびやかに舞う。
 そして「抜頭」。
b0312880_17525417.jpg

 勇壮な感じの舞。本当は、天津神社独自の面があるのだが、今回は中央の一般的な面であった。
 その次は「破魔弓」の舞。
b0312880_17545862.jpg

 弓矢を持った稚児の4人舞。
 続いて「児納蘇利」。
b0312880_17571483.jpg

 稚児2人舞。能面風な不思議な雰囲気の面をつけたもの。後の「納蘇利」と対応する子どもの舞のようだ。
 その次は「能抜頭」。
b0312880_1759296.jpg

 「抜頭」とは異なる舞。同じものは能生白山神社にもある。違いは何なのだろう。独特な白い面をつけて舞う。
 そして「華籠」の舞。
b0312880_1804021.jpg

 稚児4人舞。仏教行事の散華を思わせる舞。富山県黒部市の明日の稚児舞にも似た雰囲気である。
 続いて、「大納蘇利」。
b0312880_1825677.jpg

 双龍の舞とも呼ばれる大人の2人舞。いわゆる「納曽利」の舞だが、ここの面は青い面が特徴的。
 そして「太平楽」。
b0312880_185114.jpg

 これも稚児の4人舞。地方の舞楽にはよく見られ、能生でも「泰平楽」がある。鉾や太刀の舞がある。
 そして4人の内、2人がすぐ登場する「久宝楽」。
b0312880_187983.jpg

 これは楯と太刀を持つ勇壮なもの。
 そして最後の舞「陵王」。
b0312880_1882999.jpg

 地方舞楽にはほとんど取り入れられている舞。面の雰囲気から「龍王」などと呼ばれ、雨乞いの神様になる場合が多い。
b0312880_1810222.jpg

 ゆったりとした舞の中にもジャンプする所作がある。ダイナミックな動きだ。
b0312880_18111243.jpg

 最後の舞だけに、観客も舞台を取り囲む。そして「まだまだ!」という声援が飛ぶ。徐々に楽舎に入ると、楽人の法螺貝が鳴り、舞楽が終わる。

 天津神社の舞楽、装束や面が1日目と2日目と異なる演目がある。2日目に古い装束を着ることが多く、2日目に訪ねるファンも多い。今回は、1日目の舞楽が中止になったためか、新しい方の装束の印象であった。新しいと言っても、地方の神社に伝承される舞楽だけに、その独特な雰囲気は保たれている。

 春を呼ぶ祭りとして糸魚川では大事にされてきた舞楽が今年も終わった。


 
[PR]

by hamadasensho | 2014-04-11 22:37 | 新潟のまつり | Comments(0)