ぐるっと!民俗芸能トリップ!

senshoan.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:東信濃のまつり( 7 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 上田市真田町上原の三ッ頭獅子 2016 semスキン用のアイコン02

  

2016年 05月 15日

天正11年の上田城築城の地固めに舞ったという、城下の常田獅子、房山獅子の原型と目されている真田町上原の三ッ頭獅子。NHK大河ドラマ「真田丸」人気で盛り上がる上田市真田町の「つつじ祭り」での演舞が、今年もあるということで出かけた。

時刻は11:00。御屋敷の下方の桝形に集合し、皇大神社の鳥居前までまず練り込む。先払いが先導し、団扇振りがアクロバティックに進む。
b0312880_19062108.jpg
b0312880_19062127.jpg
そして全身白色の装束の祢宜。
b0312880_19062145.jpg
鳥居前までは足を大きく外側に出すように練り込むが、鳥居から拝殿前までは片足で飛び跳ねながら進んで行く。 
b0312880_19062218.jpg
そして三頭の獅子が入ってくる。
b0312880_19062160.jpg
大きな口が特徴で朱塗りの一見愛らしい獅子だ。
b0312880_19062297.jpg
その後、鉦を打ちながら舞う三天王が入ってくる。
b0312880_19062115.jpg
上原では3人の大人だが、常田や房山では6人の児童になる。

三頭の獅子は縦列になったり、三角形の位置に立ったりしながら、上体をかがめ込むような所作が印象的だ。
b0312880_19062215.jpg
b0312880_19062201.jpg
ここの獅子は歌がつく。

♪御門の脇の ごん桜 黄金花も 咲いたとな

この歌詞が道行や入場の際に歌われる。この歌詞は常田、房山はもちろん、上田市川西地域、塩田地域の三頭獅子に付随する「ささら踊り」にも歌われる。またその旋律は、何となく各地のお囃子等にある《岡崎女郎衆》に似た感じもする。

獅子の楽を奏するのは篠笛、太鼓、歌揚げだ。そして行列の最後は笹持ちが着く。
b0312880_19181824.jpg
b0312880_19181858.jpg
こうして、伝統の三ッ頭獅子の演舞が終わった。この獅子は本来秋祭りに出ていたというが、一時中断した後、例祭では舞われないと聞いていた。しかし今年も5月の「つつじ祭り」の機会であったが、上演された。こうした形で見物できるのはとてもうれしい。

 




 



[PR]

by hamadasensho | 2016-05-15 19:06 | 東信濃のまつり | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 上田市真田町上原の三ッ頭獅子 2015 semスキン用のアイコン02

  

2015年 05月 19日

天正11年の上田城築城の地固めに舞ったという、城下の常田獅子、房山獅子。その原型と目されているのが真田町上原の三ッ頭獅子だ。真田昌幸公が上田に移る前、真田の庄にいたころの御屋敷の地固めに舞ったという。
 かつては豊年の年の秋祭りでしか演じられなかったようだが、現在は祝祭行事のようなときに要請され、舞われるようだ。今回は真田町御屋敷公園のつつじ祭りでの演舞に出かけた。

 時刻は11:00。御屋敷の下方の桝形に集合し、皇大神社の鳥居前までまず練り込む。最初に箒を持った二人の先払いが先導し、団扇振りがアクロバティックに進む。そして御神酒役が、三宝に載せた御神酒をもって進む。その後は、鮮やかな白衣の祢宜の姿が登場。
b0312880_23414749.jpg
 大きく足を振り上げながら進んでいく。
b0312880_23405335.jpg
 千曲市雨宮の御神事の練り込みの御行事の足さばきを想起させる、独特な進み方だ。

 そして、華やかなのが団扇振りだ。
b0312880_23420339.jpg
 担当は二人で、一方が大団扇をかざしながら進んだり戻ったりする所作をしながら進む。そしてもう一方は幣束を持ち、交代しながら進んでいく。
 
 そして主役の三頭の獅子が出る。獅子頭は素朴な雰囲気の風流系一人立ち三匹シシ舞の系統だ。
b0312880_23431409.jpg
b0312880_23432553.jpg
 続いて、鬼面を着け、鉦を叩く三天王。
b0312880_23433677.jpg
b0312880_23435738.jpg
 奏楽は笛と太鼓。
b0312880_23421604.jpg
境内でも先払いが掃き清める。
b0312880_23462900.jpg
 広く場所を取られたところで、大きくダイナミックに舞う。
b0312880_23431409.jpg
b0312880_23444432.jpg
 そして舞が終わると、境内を斜めに進んで、拝殿左手に進んで行く。行列の最後は、七夕のような笹持ちが最後を行く。
b0312880_23434769.jpg
 最後は拝殿前で、手打ちで終わる。
b0312880_23443150.jpg
 上田を代表する常田、房山の原型と目されるが、祢宜が幣をもつあたりは、房山に似た感じである。上田の川西、塩田平の三頭獅子は「雌獅子隠し」が多い中、この三地区は独特だ。すると、その更に原型が、真田氏の動きから群馬・中之条町や沼田城下あたりから運ばれたとすればロマンがある。いつか群馬も訪ねてみたいものだ。



[PR]

by hamadasensho | 2015-05-19 00:21 | 東信濃のまつり | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 上田市常田獅子演舞 2014 semスキン用のアイコン02

  

2014年 10月 19日

 上田市常田の科野大宮社の秋季例祭に行った。今年は常田獅子演舞の年である。4月の上田真田まつりには上田獅子の演舞がいつもあるのだが、ここ数年は常田と房山の獅子を、それぞれ隔年で行われている。真田まつりでやらない年は大宮さんの祭りで常田獅子が演舞されている。
b0312880_22535277.jpg
 常田は禰宜の大団扇が印象的。かなりの大きな団扇を回しながら舞う。
b0312880_22553413.jpg
 獅子は3頭。風流系一人立ち三匹獅子の系統である。不思議と太鼓を腰につけないのが、房山獅子とともに特徴である。
b0312880_22561280.jpg
 
 大宮さんの境内は暗く、あまりよく写っていないが、優雅で勇壮な獅子舞の感じは伝わるだろうか。
b0312880_22563896.jpg
 鉦打ちという6人の子どもの役も特徴的。3人ずつ入れ替わる感じは田楽に似た雰囲気さえ感じる。房山獅子とともに、真田昌幸公の上田城築城の地固めに舞ったというから400年以上の歴史がるということになる。

 格調の高い、重厚な獅子である。

[PR]

by hamadasensho | 2014-10-19 23:12 | 東信濃のまつり | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 上田市保野祇園祭 2014 semスキン用のアイコン02

  

2014年 07月 20日

 久しぶりの祭礼訪問。上田市保野の祇園祭へ来てみた。毎年7月中旬の土曜日の午後に宵祭、日曜日の午後に本祭がある。芸能は風流系一人立ち三頭獅子とささら舞が出される。

 今日は本祭の見学に出かけた。午後2時30分頃、保野の公民館に来てみると、すでに裃や紋付き姿の方々がおられた。昨晩、おろされた「牛頭天王」が市神の仮宮に安置され、ここでまず修祓がある。
b0312880_23084363.jpg
 同じ頃、地区内の五班集会所から行列がすでに出ているのだそうだ。だんだんその道行が見えてきた。そして仮宮で神輿と合流する。鼻高面の先舞の先導で三頭の獅子やささら舞の子どもたちも見えてくる。
b0312880_23085705.jpg
b0312880_23090216.jpg
 途中、住民は「天王くぐり」として、神輿の下をくぐる。行列を横切ろうものなら、怒られてしまう。
b0312880_23090676.jpg
 趣のある保野地区内の街道をゆったりと進んでいく。
b0312880_23091003.jpg

 やがて塩野神社へ到着する。すると拝殿で祭典が執行され、4:00頃からまず「ささら舞」が行われる。
b0312880_23091902.jpg
 14人ほどの女児による可憐な舞だ。花笠を被り、スリザサラをもちながら、腰を低く構えながらの舞は重労働だろう。ササラは竹をギロのようにジャラジャラと音を立てるものだ。
b0312880_23091413.jpg
 保野の場合は、獅子に先立って「ささら舞」がある。その先導は、やはり鼻高面の先舞だ。
b0312880_23092313.jpg
 そして「三頭獅子」が引き続き行われる。やはり先舞に導かれて、踊りの場に入ってくる。
b0312880_23094098.jpg
 保野の天狗は一人で大団扇と幣を持つ。これも当地域の特徴的な舞の1つだ。

 獅子頭は「虎型」と呼ばれ、太神楽獅子の頭を扁平にした感じだ。
b0312880_23101024.jpg
 
 ここの獅子は、低い姿勢で這うような感じで舞う。
b0312880_23101634.jpg
b0312880_23093395.jpg
 腰には枠付きの締太鼓をつけ、手には短めのバチをもって舞う。関東風に大きく打ちながら舞うことはないが、獅子の方の話をお聞きすると「打ってます!」とのこと。
b0312880_23094525.jpg
 また、この獅子のテーマは「雌獅子隠し」である。2頭の雄獅子が1頭の雌獅子をめぐって争うのである。
b0312880_23094948.jpg
 楽器は篠笛と太鼓。笛は7穴のものを使用、太鼓は鋲打ち太鼓と締太鼓である。鋲打ちが入るので、どっしりと落ち着いたサウンドに感じる。何とも勇壮な雰囲気を醸し出す。
b0312880_23092820.jpg
 保野へ初めて来たのは高校2年生の7月であった。自分がフィールドワーク的な活動として訪ねた「記念」の祭りでもある。その後、そんなにたくさん訪ねたわけではないが、やはり懐かしい土地である。今日も6~7年ぶり位の訪問だと思う。





 獅子が終わって帰ろうとしていると、ある方に声をかけられる。あらら…元同僚ではないか!?世間は狭いものだ。



 





[PR]

by hamadasensho | 2014-07-20 23:38 | 東信濃のまつり | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 上田市前山~甲子中間祭 2014 semスキン用のアイコン02

  

2014年 05月 11日

 上田市西前山にある塩野神社は式内社として知られる古社。前山地区は、鎌倉時代の副執権として塩田城に入った塩田北条氏の城下町としての町並みを残す、古い地区だ。この塩野神社に60年に一度の「甲子大祭」が行われる。前回は昭和59年。今年はその30年後ということで、その中間祭が行われた。
 
b0312880_17515469.jpg
 中間祭とはいえ、何年も前から準備されてきたのだそうだ。そして今回も、東前山の三頭獅子とささら踊り、西前山のお囃子が久しぶりに出されるとのことだった。

 今日は、まず9:00a.m.からの市神様での演舞から見学した。まず三頭獅子。
b0312880_17591738.jpg
 何とも古式をたたえた獅子だ。獅子頭とはいえ、竜頭のように見える。演舞の内容は、当地域に多い“雌獅子隠し”による、2頭の雄獅子が、1頭の雌獅子をめぐって争うというストーリーだ。
b0312880_17592200.jpg
 そして、当地域の三頭獅子には必ずセットになっている「ささら踊り」も続いて行われる。
b0312880_17592788.jpg
 ささらは竹を削って作成した「摺りざさら」だ。
b0312880_17593273.jpg
 何とも愛らしい踊りである。

 さて、市神様での演舞が終わり、10:00a.m.頃、塩野神社へ戻った。するとゲスト出演の、塩田新町の太々神楽が行われていた。
b0312880_18062188.jpg
 これも当地域に多い江戸の丸一系太神楽の系統の獅子舞だ。
b0312880_18062863.jpg
 悪魔払いをメインとする軽快な舞が特色だ。

 さて、10:40a.m.から、神社前の大鳥居より行列の神幸があるという。その時、西前山の「お囃子」も奏され、賑わいを醸し出す。
b0312880_18092299.jpg
 さて、神社境内では12:00p.m.頃から式典があり、その後1:00p.m.頃からゲストによる歌唱や演芸があった。

 そして、いよいよメインの1:30p.m.から、塩野神社境内での芸能奉納が始まる。
 まず、西前山の「お囃子」。
b0312880_18122036.jpg
 笛、三味線、鋲留め太鼓、締め太鼓、大鼓、小鼓、鉦による。都市で演じられる都会的なお囃子が、何とも素朴な雰囲気で奏される。

 そして、いよいよ東前山の三頭獅子。烏天狗の先導で、練り込んでくる。
b0312880_18143408.jpg
 獅子の頭は、先述の通り竜のようだ。先獅子が雄、中獅子が雌、後獅子が雄だという。
b0312880_18151146.jpg
b0312880_18151630.jpg
b0312880_18152100.jpg
 
 三頭の獅子は様々に位置を替え、勇壮に舞う。
b0312880_18173675.jpg
  
 特に“雌獅子狂い”では、「落とし入れ」といい、1頭の雄獅子が、もう一方の雄獅子にかじりつく所作がある。やられた方は結構リアルな動きだ。
b0312880_18174271.jpg
 今回は20分ほどに短縮したものであったという。本来は50分ほどかかる演舞なのだそうだ。

 そして「ささら踊り」になる。三頭の獅子と烏天狗は輪の中心に立ち、その周りを童子たちが可憐に踊る。
b0312880_18175611.jpg
 解説では「前山では男子が入っているのが特色です」といったアナウンスがあった。確かに、周辺の別所や保野の「ささら踊り」は女児による。しかし本来は、男児のみで踊っていたということである。そういった点からも、東前山のささらは古そうだ。
b0312880_18174920.jpg
 東前山では、当地域に多い「御門の脇の御桜 黄金の花も咲いたとな」の歌詞がない。天正11年の上田城築城に舞い込んだという伝承をもつ三頭獅子が多いが、東前山はもっと古いのだろうか。

 こうして中間祭での「三頭獅子」と「ささら踊り」を見て、帰宅した。

 実は…前回の「甲子大祭」には、自分は見学に来ている。実に30年ぶりだ。三頭獅子は、市のイベントでたまに演じられることがあったが、ささら踊りは30年ぶりだそうだ。

 それにしても、60年は長いな。いや、30年も長いと思う。次回の30年後は、大祭のはずだ。その時は見られるのだろうか?







[PR]

by hamadasensho | 2014-05-11 18:30 | 東信濃のまつり | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 親沢諏訪大明神の春祭~親沢人形式三番 2014 semスキン用のアイコン02

  

2014年 04月 07日

 かつて4月3日に行われていた親沢諏訪大明神の春祭、現在は4月第一日曜日になった。川平の鹿舞が終わると、今度は西舞台で演じられる。

 この式三番は、中央の「能楽」の《翁》を人形によって演じるもの。《翁》の原型は「父尉」=釈尊、「翁」=文殊、「三番」=弥勒をかたどったものといい、登場人物は露払いとしての「千歳」、白い翁面をかける「翁」(白式尉)、素面で登場し、途中で黒い面をかける「三番叟」(黒式尉)の三役を、親沢では人形が担当する。

 親沢では千歳を「千代」、翁を「大明神」、三番叟を「丈」と呼び、他には更に笛、鼓、大皷の楽器担当、地謡などで構成されている。

 まず「大明神」=翁の登場だ。
b0312880_2361287.jpg

 そして面箱を持った、「千代」=千歳も登場する。
b0312880_238775.jpg

 大明神と千代が対面する。
b0312880_239597.jpg

 そして大明神は白い面を掛けるのである。
b0312880_239533.jpg

 今日は雪。それを喜ぶような、生き生きとした動きをする。


 最後の段は丈が登場する。
b0312880_23111178.jpg

 若々しい雰囲気の動きである。
b0312880_23124849.jpg


 途中で、黒式尉の面をかけ、三番叟らしい激しい動きになっていく。独特な鳴り物のリズムに乗って、だんだんと高まっていき、舞台から乗り出すような決めのポーズで長い舞台を終えるのである。
b0312880_23142474.jpg


 親沢では決められた役を7年間つとめるという伝承方法をとっている。7年過ぎると「おじっつぁ」と呼ばれる親方となり、後進の指導にあたり、その稽古もかなり厳格に行われておられる。今年は5年目だというような声が聞こえた。あと2年経つと、今の役者が交替となるのだ。

 こうした厳格な伝承が、200年の伝統を築いてきたのである。

 
[PR]

by hamadasensho | 2014-04-07 23:18 | 東信濃のまつり | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 親沢諏訪大明神の春祭~川平鹿舞 2014 semスキン用のアイコン02

  

2014年 04月 06日

 かつて4月3日に行われていた長野県南佐久郡小海町親沢の諏訪大明神の春祭。現在では4月第一日曜日に行われている。ここでは川平の鹿舞と親沢の人形式三番が演じられてきた。今年、久しぶりに出かけてきた。

 寒い。低気圧の影響で、雪降りの春祭だ。何年か前に訪ねたときも雪の日があったが、春まだ浅い山村らしい風景である。
 午後0:30、まず川平の獅子の行列が鳥居をくぐって石段を上がってくる。
b0312880_2239169.jpg

 続いて親沢の式三番の行列が上ってくる。
b0312880_2241916.jpg

 それぞれ拝殿で拝礼、御神酒をいただく。

 そして神官による修祓があり、それが終わると、午後1:30頃から東舞台で、川平の鹿舞が演じられる。本日の演目は、(1)内神楽、(2)ぎんにゃく、(3)すり拍子、(4)天五拍子、(5)女獅子つるぎ の5つ。これを先幕という。

 
b0312880_22453294.jpg
 
 獅子の役は、先獅子(男獅子)、中獅子(女獅子)、後獅子(男獅子)。典型的な関東獅子といった感じ。群馬・上野村からの伝承だという。

 その他、幣負い1人、ササラ2人。
b0312880_22472131.jpg

 幣負いは、最初軍配をもつ。これは日月と北斗七星が描かれている。天体が見られるのは妙見信仰との関連だろうか。

 ここのササラは珍しい。80cmくらいの竹を切り、中央部に刻みを入れる。
b0312880_2250139.jpg


 6人で躍動的に舞う。獅子は猪型というのか、竜頭というのか、いわゆる太神楽系の獅子頭とは異なる。
b0312880_22512373.jpg


 西日本の太鼓踊りらしく、獅子が腰の太鼓をしっかりと打ちながら舞う。
b0312880_22524414.jpg
 

 かつて4月3日に祭りを行っていたときは、先幕をこの日に舞い、翌日の4日に川平公民館で後幕を舞う。演目は、(1)女獅子がかり、(2)満利がかり、(3)棹がかり、(4)幣がかり、(5)比良つるぎ だ。自分が初めて見たときには(5)比良つるぎ は演じられなかった。
 現在では、後先が逆となり、第一日曜日の祭りの前日の土曜日に演じているという。日程の変更後、こちらは訪ねたことがない。

 また訪ねてみたい。 
[PR]

by hamadasensho | 2014-04-06 22:28 | 東信濃のまつり | Comments(0)