ぐるっと!民俗芸能トリップ!

senshoan.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:民俗芸能情報( 5 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【情報】上田獅子~房山獅子演舞 semスキン用のアイコン02

  

2014年 10月 26日

 上田城築城の地固めに舞い込んだ知られるとして上田獅子・房山獅子の上演情報。

日時:11月23日(日)
場所:海善寺(上田市新田)
時間:10:00~11:00

 海善寺で行われてきた人形供養30周年記念のために、房山獅子が上演されるとのこと。
b0312880_22072873.jpg
 房山獅子は、常田獅子とともに上田獅子としてくくられ、知られてきた。風流系一人立ち三頭獅子という分類の民俗芸能だ。当地域では格調高い獅子として知られている。

 




[PR]

by hamadasensho | 2014-10-26 22:15 | 民俗芸能情報 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【情報】上田獅子~常田獅子演舞 semスキン用のアイコン02

  

2014年 10月 15日

 上田城築城の地固めに、房山獅子とともに舞い込んだという伝承を残す常田獅子が、下記の通りに行われる。

 月日:10月18日(土)科野大宮社秋季大祭 宵祭
 時間:18:15~19:15
 場所:科野大宮社(長野県上田市常田)
b0312880_21420732.jpg
 
 房山獅子と常田獅子はともに上田獅子と呼ばれ、古来より上田城下の祝祭行事に舞われてきたが、本来は祇園祭の出し物であった。現在では4月の「上田真田まつり」で常田、房山と隔年で行われている。常田がこの祭りに出ない年は、地元・科野大宮社の秋祭りに舞うようになったようだ。つまり「上田真田まつり」と「科野大宮社秋祭り」とで交互に行っている。その他の行事にはオファーがあれば、房山同様に特別出演となる。


[PR]

by hamadasensho | 2014-10-15 22:04 | 民俗芸能情報 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【情報】塩野神社甲子中間祭 semスキン用のアイコン02

  

2014年 04月 24日

 上田市西前山にある式内社・塩野神社の甲子(きのえね)中間祭が、5月11日(日)に開催されるとの情報を得た。
b0312880_225884.jpg

 これは60年に1度に行われる「甲子大祭」があるのだが、その中間の30年で行われるものだ。
 
 演じられる芸能としては「東前山三頭獅子」「ささら踊り」「西前山のお囃子」「塩田新町太々神楽」等だ。
b0312880_2323371.jpg


 風流系芸能として知られる三頭獅子が塩田地区には多いが、中でもこの東前山の獅子は、何とも古風な印象がある。龍頭と思われる獅子頭、素朴な装束、また天狗も当地域では珍しい烏天狗が大団扇をもって登場する。

 前回の甲子大祭は30年前。わたくし、実は見学している。ああ…あれから30年も経つのか!?そして、次回の大祭は見られるのかな?
[PR]

by hamadasensho | 2014-04-24 23:08 | 民俗芸能情報 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 下呂の田の神祭り semスキン用のアイコン02

  

2014年 02月 06日

 下呂の田の神祭りが来週に開催!という連絡を、岐阜民俗音楽学会からいただく。この学会は、年に何回も例会を企画している。特に、現地へ出かけての芸能参観があって、興味深い(こちらは信州なので、なかなか行かれないが…)。

 この冬に行われるこの例会が下呂の田の神祭りだそうだ。


 自分は行ったことがないが、よく見かけるおまつりの名前だな…と思った。今年の日程では…出張かあ(涙)また、いつの日か行ってみたい。



 期日:2月13日(木)試楽祭 19:00~
      14日(金)本楽祭 8:00~
 場所:岐阜県下呂市 森水無八幡神社

[PR]

by hamadasensho | 2014-02-06 19:51 | 民俗芸能情報 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 和合の念仏踊り、国重要無形民俗文化財への答申 semスキン用のアイコン02

  

2014年 01月 22日

文化財分科会で、我らが信州・阿南町の「和合の念仏踊り」を重要無形民俗文化財に登録するよう下村文化庁長官に答申したという。
b0312880_21572742.jpg
 和合の念仏踊りは毎年8月13日から16日にかけての行事だ。熊野神社と宮下家、林松寺で奉納されるということで、何とも古式を備えているという。

盆行事ということで、なかなか行けないでいる。念仏踊りとは、風流系芸能とくくられてはいるが、下伊那あたりでは多様な要素も含まれているようで、やはり実物を見てみないと分からないな。

まだまだ行きたいけど行けない…そんな場所がたくさんある!
[PR]

by hamadasensho | 2014-01-22 21:59 | 民俗芸能情報 | Comments(0)