ぐるっと!民俗芸能トリップ!

senshoan.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:木曽のまつり( 1 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 木曽駒ヶ岳神社太々神楽 2016 semスキン用のアイコン02

  

2016年 05月 03日

3年ぶりの木曽・上松町、駒ヶ岳神社太々神楽を訪ねた。例年、5月3日の定日である。
上田を5:30a.m.頃出て、御柱祭・里曳きが始まる気配の諏訪地方をかすめ、岡谷I.C.から高速で伊那まわり、権兵衛峠経由で木曽路入り。上松へは7:50a.m.着、上田からは2時間半弱のドライブだ。

上松町は、まだ雪の残る山々が印象的な静かな山里。
b0312880_11462948.jpg
集落内でもやや高台に位置する神社まで歩いていく。
b0312880_12001515.jpg
9:00a.m.には、拝殿内で祭典が行われる。わたくしは拝殿内の舞台に近い位置に座って、見学することにした。
さて祭典の後は、湯立神楽が執行される。そして、9:50頃から神楽が始まった。

まず〈岩戸開舞〉。鉾を振るもので4人の舞である。
b0312880_12075914.jpg
続いて〈御神入舞〉。白衣の神司1人の舞。榊を恭しく捧げながら舞う。
b0312880_11473297.jpg
続いて〈病気平癒幸神舞〉。文字通り、病気平癒の祈願とお礼の舞であるという。4人舞で、鈴や扇を持って優雅に舞う。
b0312880_11462912.jpg
4座目は〈神代御弓舞〉。1人の舞で、弓矢を持ち、呪術的な所作をしながら舞う。
b0312880_11475113.jpg
その後は〈陰陽津賀井舞〉。2人舞で、入れ替わりながら舞う。鈴と扇を持つ。
b0312880_11463075.jpg
続いて6座目は〈豊年神子舞〉。4人舞で2本の扇を持つ。
b0312880_11463025.jpg
その次は〈六神行事〉。6人舞で、笹束と鈴を持って舞う。
b0312880_11463026.jpg
これが終わったのが11:30a.m.過ぎ。今年はここで休憩時間となった。

午後は00:30p.m.頃から再開。〈岩戸別神鈿舞〉である。まず翁が登場。
b0312880_11480817.jpg
続いて、柄杓と檜扇を持った鈿女が登場。
b0312880_11481651.jpg
この2人で問答がある。

続いて、人気の舞〈四神五返拝〉だ。
b0312880_12445645.jpg
白い鼻高面、白の上衣、白袴といった白ずくめの舞手が4人が登場する。
b0312880_12462675.jpg
四方に向かって舞う動きが基本的なようである。
b0312880_12461653.jpg
抜刀を持つのも修験道らしい雰囲気がいっぱい。
b0312880_12005567.jpg
b0312880_12005527.jpg
集まるカメラマンが一斉にフラッシュ!自分はその光をいただいてシャッターを押す!何だか不思議な画像になっていた(笑)

続いて〈通常津賀井舞〉。2人舞。「通常の舞」ともいうそうだ。
b0312880_12005560.jpg
次は〈大宝舞〉。弓を持った曽儀と、杵を持った大宝の2人舞。問答がある。
b0312880_12005568.jpg
次は〈止雨武多井舞〉。雨を止ませ、晴天を祈願する舞だそうだ。4人舞で2本の扇を持つ。
b0312880_12005526.jpg
そして13座目。〈三剣舞〉。白鉢巻、白の上衣、たすき掛けの3人舞。まず鈴と笹束で舞う。
b0312880_12005623.jpg
そして抜刀で舞い、3人が入れちがっては跳躍する勇壮な舞である。
b0312880_12005694.jpg
b0312880_12005686.jpg
最後は「だんばらい」といい、2刀の刃を持って激しく舞う。
b0312880_12005569.jpg
これも勇壮なものであるが、修験道のイメージをほうふつとさせる舞である。

こうして3:00p.m.にはちょうど終わった。午前約2時間、午後約2時間30分、舞の演目は13座、合計4時間30分に及ぶ神楽である。これはまた訪ねたい神楽だ。

 







[PR]

by hamadasensho | 2016-05-03 22:22 | 木曽のまつり | Comments(0)