ぐるっと!民俗芸能トリップ!

senshoan.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 2014年 04月 29日 ( 1 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 千曲市雨宮の御神事 2014 semスキン用のアイコン02

  

2014年 04月 29日

 2014年4月29日、3年に一度行われる千曲市の雨宮の御神事があった。前回の2011年は東日本大震災のために中止となり、実に6年振りの祭りとなった。
 ここの祭りは古い歴史があり、独特な扮装の獅子踊り、怪奇な面を着けた踊り手、そして田楽を感じさせる鍬の役、風流系の太鼓踊りなど、様々な要素が複合化された感じである。しかも三拍子と呼ばれる笛、太鼓、御歌にのって、シンメトリカルに位置した場所で、同時に別々の振りによる踊りが繰り広げられる。何とも風雅なものである。

 祭りは雨宮坐日吉(あめのみやにいますひえ)神社を中心に行われる。予報通り、天気は曇り空。しかし、時折太陽も見え隠れ。
b0312880_22591540.jpg
 この祭りで重要な役となるのが御行事(おんぎょうじ)だ。踊りのメンバーを率いて登場するその姿は威厳に満ちている。地区内を触れ回る町太鼓に迎えられるように、御行事宅から鳥居前まで進み、踊り手の集合を待つ。
b0312880_23005261.jpg
 鳥居前で御行事が「呼び上げ」をすると、境内に進み、やがて猿田彦面を着け、高歯の下駄をはき、「練り込み」となる。
b0312880_23054033.jpg
 独特な足の踏み方は何なのだろう。足を大きく上げ、左右に広げるようにのっしのっしと進んでいく。「かつては一本歯だったな」と地元の人は言う。何年前のことだろう。お祭りは変化がつきものだ。

 拝殿前で整列し、いよいよ踊りになる。神社前では「朝踊り」と「城踊り」が行われる。
 
 太鼓踊りは、伴奏としての太鼓だけではなく、華麗な踊りを見せてくれる。
b0312880_23093698.jpg
 御鍬は、もっとも田楽芸らしい踊りで、農耕儀礼らしさを感じさせる。
b0312880_23120502.jpg
  中程には「中踊り」「児踊り」といった子どもの踊りがつく。何とも可愛らしい稚児の舞だ。
b0312880_23143281.jpg
 周りには何とも独特な面を着けた六大神が小鼓をもって踊る。
b0312880_23162419.jpg
b0312880_23174019.jpg
b0312880_23193624.jpg
b0312880_23215385.jpg
 そして、雨宮の最大の特色である獅子。2頭の陽獅子、1頭の陰獅子、1頭の宝珠獅子の計4頭が、四隅で踊る。
b0312880_23222144.jpg
b0312880_23245830.jpg
 神社で二座の踊りが終わると、踊り手は若宮社へ移動する。その後、若宮での踊り、北町、御旅所で踊られる。ちなみに移動時は「雲場」という曲が奏される。
 
 一方、神社では神輿の出発に先立って神事があり、お慶びのお盃があがり、武者が出る。
b0312880_23261115.jpg
 こうして地区内を移動した後、再び鳥居前に戻り、再び「呼び上げ」があり、「御立ち会い」となって、獅子に貼られた紙を取り合う「化粧落とし」が行われる。
 この頃から雨がかなり降ってきた。なかなかきびしいコンディションになっていく。
 
 そして時刻は18:00をまわる。この祭りでの最大の見せ場、「橋がかり」だ。場所は生仁川にかかる斎場橋の上に踊り手が進んでいく。橋の上では踊りがあるのだが、“遠江 浜名の橋の下行けば”という歌詞になると、4頭の獅子が宙づりになって、橋の欄干から川面へ下りていく。
b0312880_23345556.jpg
 そして、身をよじるように水面をかく。何とも勇壮なシーンだ。
b0312880_23351719.jpg
 見物客も、早い時間から場所取りをして待っていた。今年はあいにくの雨模様になってしまったが、それを忘れさせてくれるような感動的なシーンだ。
 
 そして最後の神社、橋から山手に向かう位置にある唐崎社へ行き、「山踊り」という踊りになる。化粧落としの後、水面をかいた獅子によって踊られる。
b0312880_23355856.jpg
 こうして、御神事踊りが終わるのだ。

 唐崎社を下りて、再び「雲場」の曲で、祭列は日吉神社まで還御する。鳥居前では「御立ち会い」に行ってから境内へ行っていく。境内では、太鼓の早打ちの合図で、駆け足で3周をする。
b0312880_23362184.jpg
 こうして、それぞれの役ごとに拝殿で礼拝し、すべて終了となる。

 なかなか大がかりな祭りだ。しかし準備から祭りの後まで、とても丁寧である。雨宮の人々の意気込みが素晴らしいひとときであった。






[PR]

by hamadasensho | 2014-04-29 23:59 | 北信濃のまつり | Comments(0)